英語の専門用語は、技術者が自分で言うこと!後は、継続できる教材選び

初めての海外出張。私は自分の専門分野の英語キーワードを知らなかった!

「著しい環境側面は何ですか?」環境ISO14001の関連質問。

通訳を頼んだ人は、たじろいでいた。

「直行率」とか「歩留まり」などという言葉も難しかったようだ。


ローカルスタッフとの打合せは、難航を極めた。

通訳は、専門用語が分らない。私は英語が分らない。

予定は大幅にずれて、帰国フライト予定を変更するか悩んでしまった。


専門用語は、技術者自身が発声すべき。通訳を頼んだ人に教えてあげるべきである!

そして、忙しい技術者といえども、最低限の英会話として、あの忙しい石川遼君が

愛用している「スピードラーニング」で勉強してはいかがか?


以下、私見。参考になればうれしい。

自分でやること!教材にやってもらうこと!最低限の英語  英語の必要性を感じてるあなた・・・聞き流す効果をぜひお試しを!

技術者の専門分野の英語は暗記。その他は継続できる教材!

確かに、専門用語だけに絞ったとしても、英語の把握は難しい。

技術者は、日進月歩で進化する自分の専門分野のリードが使命、忙しいのだ!!!

英語の勉強に時間を使うなんてもったいない!

英語を全く勉強しなくても、ノーベル賞を取った人だっているではないか。


しかし、技術者の専門分野は多岐に渡っており、いくらプロの通訳といえども、

そのすべてを把握することは、困難である。

一方、技術者同士であれば、キーワード一つで、瞬時に分かり合える。

余計な質問は不要になる。

だから、少なくとも専門用語だけは、技術者であるあなた自身が発声するべき。


英語全般については、技術を最優先にするために、時間的な制約がある。

しかし、「スピードラーニング」という英語教材は、あの忙しい石川遼が、アメリカで英語の

スピーチをしたり、英語でインタビューを受けたりするもので、脚光を浴びている。

そのキャッチフレーズは、「1日5分から聞き流すだけでOK」。



確かに、「1日5分から聞き流すだけでOK」というキャッチフレーズは、少し誇大広告かもしれない。

(真偽の程は私には分からないが、、、)でも、継続を最優先に考えた教材であることは明白だ。

いかに優れた英語 教材といえども、忙しい技術者が継続できない英会話教材で、

英語をマスターできるというのも全くの嘘である。


有名な英会話教材に、英語脳30日というものがある。確かに、良いという噂も聞くが、

忙しい技術者が、継続できるかというと疑問である。

難しく考えずに、成功者のモデリング!  一度、石川遼を見習ってみるか!

エスプリラインって会社は面白い、忙しい人向け 英語 教材、技術者だけでもないが、、、

<(株)エスプリラインについて>

このスピードラーニングを製造販売しているエスプリラインという会社は、1984年に会社を設立

とのことだが、その社長の大谷さんは、英語の勉強嫌いで飽きっぽかったという。

その会社が作った英語教材が、長野清泉女学院高等学校の補完教材にも採用され、19年間に85万人もの

販売実績とのことであり、驚きである。


<体験談>

スピードラーニング1、2巻を試している。

感想としては、英語の後に日本語が流れることにより、ボンヤリから引き戻される。

英語だけを聞いていると、私の場合、2-3分もするとボンヤリと余計なことを考えていたりする。


また、忙しい状態で、電車や車の中で聞いていても、辞書なしで、英語の意味が習得できるのが良い。

他の人も言っていることで共感するのは、音がきれいでBGMもリラックスさせてくれることだろうか。


この教材、正直言って、聞き流すだけで使うのは、もったいない。

私の体験で言えば、リピーティングでも、シャドウイングでも使えるのではないか?


ちなみに、リピーティングとは、聴いた英語の直後に自分で同じ英語を発声すること。

また、シャドウイングとは、流れている英語の音声を聞きつつ、自分でも聞いている英語を発声することである。

どちらも、英語勉強法として、効果があるとされている。


現時点の私のプランとしては、やる気がある時は、リピーティングやシャドウイング、

どちらをするかは、テキストの文脈次第って、ところかな?

そして、やる気のない時には、ただ聞き流すだけ、ということにしている。

勉強嫌いの開発者、試してみるか?  詳細は、コチラ!

返品保証で損はない!

思い立ったら吉日、返品保証は10日間。聞きまくっても損はない。

良ければ、私のように注文して、1、2巻で一端ストップして、聴きまくる。損はない。

手続きは、簡単だった。


ただし、一端ストップしている間は、電話英会話プログラムや随時開催のサンクスギビングなどのアメリカの行事を体験できるワンデーイベントなどのその他サービスは使えない、とのことだ。


聞きまくって、効果を少しでも感じれば、当然再開。

2~3カ月もすれば、石川遼君に追いつくかな?

Copyright © 2009 技術者:英語 教材、継続できる教材が一番!最低限の技術者 英語· All Rights Reserved·